読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本質に迫るー甲賀吉郎

社会や経済の事象を一歩掘り下げて考えるブログ

東芝の米国原子力PJTにみる失敗の本質ー三菱重工客船PJTとの類似

東芝が米国の原子力事業での1兆円規模の巨額損失で、会社の実質解体状態になってから暫くたった。様々な論評が既に出ているが、経営判断や企業体質等の指摘が多く有益であるが、ここではメーカーにおけるものづくり事業の失敗という視点から考えてみたい。そ…

高齢ドライバーは本当に危険なのか?

最近、テレビ各局で高齢ドライバーの交通事故に関する報道が連日取り上げられているが、情緒的で世論誘導的な画一性が感じられたので、ちょっと数字を検証してみた。尚、適正な免許返上の促進には賛成の立場であるが、総論としての妥当性を論じるものである…

築地移転問題に観客席はない

8月31日に築地市場の移転延期を小池都知事が表明したが、いよいよ都政運営の正念場を迎えることになろう。延期問題にからみ、ここ1-2週間で移転騒動の内容が報道を通じ少しずつ明らかになってきた。 (9月10日以降に判明した盛り土が建物下部で実施され…

消費税増税再延期の数字的不可解

2017年に予定されていた消費税の8%から10%への増税が再度延期された。増税で消費者が買い控え景気が落ち込む懸念が一つの理由だが、本当にそうなのだろうか? そこで、これまでの消費税の増税のインパクトを数字で表現してみた。 消費税額のup率で、過去3回…

舛添さんが見せてくれたこと

6月15日に、舛添要一都知事の21日付け辞職が決まった。当然だという気分が支配的だが、本当にそうなのかを含めて、舛添さんの騒ぎが見せてくれたことを整理したい。 1 舛添さんの資質から(1)話したり書いたりの公的な論理世界と自分の実際の行動世界をそれ…