読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本質に迫るー甲賀吉郎

社会や経済の事象を一歩掘り下げて考えるブログ

築地移転問題に観客席はない

 8月31日に築地市場の移転延期を小池都知事が表明したが、いよいよ都政運営の正念場を迎えることになろう。延期問題にからみ、ここ1-2週間で移転騒動の内容が報道を通じ少しずつ明らかになってきた。

(9月10日以降に判明した盛り土が建物下部で実施されていなかった問題の前に、土壌汚染対策確認以外にも下記の問題点が指摘されており、ここでは下記を対象として考察している。

1 移転反対と賛成の論点整理と議論が不十分ではなかったか(長期的に市場関係者等が満足できる方向にもっていった流れではなさそう。できれば現状のままがいいというどこにでもある反対論に対して右往左往した結果の妥協の産物としての豊洲移転に見える)

2 各業者に割り当てられる単位区画が狭小であったり、床の許容荷重が少なかったりして、現在より作業性や水槽設備が悪くなる方向で建物設計が行われた事実。

3 平屋式から2階3階式になったことで生じる斜路やエレベータの物流ネックやトラックの積み下ろしの実態反映不足など、現在よりも市場内物流効率の悪化が懸念される。物流シミュレーションが行われていないか少なくともかなり不十分であった可能性がある。市場の基本設計が不十分なまま建物建設に走ったのではないか。)

 

全体を通じてみると、基地移転問題などよりも達成容易な問題にもかかわらず、築地市場の再構築も流れ豊洲市場への移転PJTも内容がプアで、かなり恥ずかしい部類の経緯であることがわかった。その原因はずばり、日本の組織や我々日本人個人に共通するプロデュース力の欠如と考える。

(プロデュース力は和製英語であるが、リーダーシップ欠如とかプロジェクトマネージャー不在とかの表現には無いニュアンスを表現できそうなので、ここではあえて使用させて頂く。各リーダー個人または各組織が、目的を共有しその達成へ本気になり問題解決や調整を行える力のことである。)

 

 プロデュース力の欠如の最近の事例では、2020東京五輪の新国立競技場の迷走およびバスケットボールリーグの分裂と急速解決が想起される。

 

 築地の問題は、東京圏の食の供給物流の観点でビジョンがあって、それに向けて利害関係者の調整を高い次元ではかる必要がある問題である。しかし、どうやらビジョンがないまま関係者の利害調整が行われ、豊洲新市場の設計も利便性の高い市場にすることを第一目的としてあるゆる努力がされるべきであったが、普通の箱物建築の仕事として設計されてしまったように見える。

 ビジョン設定(目的の明確化と共有)が不十分で各個人の所掌を超えた発想力が欠如していることは、新国立競技場が最初はデザインと建設を分離したため費用と期間の制約が守れなくなったことや、例の聖火台問題と共通である。

 

 バスケットボール関係者が、長年2リーグ分裂の調整ができず、国際バスケットボール連盟からの最後通牒を受ける事態となったのも、築地の迷走と同根である。川淵さんを招くことによりビジネスビジョンの設定と達成アイデアの提案というプロデュースで、ぎりぎりのタイミングで、わずか数カ月でリーグ統一とバスケ強化に進みだした。

 

 日本は傑出したリーダーが育ちにくい社会であるが、これまでは組織の中のキーマン何人かがビジョンを共有して補いあうことで組織としてプロデュース力を発揮することが結構あった。組織の中の一部署の個人でいても組織全体のビジョンを日々考え、他部署との共栄の具体策を捻出する力があったということである。

 現在は、この力が薄れて、個人は個人の範囲で組織を渡り泳ぐだけになり、損なことは避けるというキーマンが増加しているようだ。こうして、日本の組織のプロデュース力は弱体化して、結局日本人が自分で自分を痛めることになっている構図がうかがえる。

 築地移転騒動に観客席は無い。迷走の本質をよく見て、自分の糧とすべきである。